忍者ブログ
Aprilia RS50のブログです。 今のところ電装系(HID&LED)の改造記録です。
[28] [27] [26] [25] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水冷LEDライトに通水して点灯テストを行った。

下の写真がテスト環境。とりあえず、ダンボール箱の中に収めた。

左側がヘッドランプユニット、その右にコードでつながっている黒いのが電源で、防水テープで包んである。ヘッドランプユニットは実車のではなく中古で手に入れた予備パーツ。

右側が水冷系で、上の白いのがリザーバー、下の金属円筒がラジエター、その間の黒い四角いのがポンプで、重なっている透明プラスチックの円筒がフィルター&流水確認用水車。

全体の配置は実際に搭載したときの位置関係に近付けている。

f9aba6d0.jpg


水冷系を別角度から。パーツの固定はかなり適当である。

f2b9656ejpeg




電圧が7Vで下側の2つのLEDが点灯しはじめる。8.5Vでポンプが動きはじめる。一旦動くと6Vまでは下げても止まらない。

83fd771fjpeg


11Vで上側の3つのLEDも点灯しはじめる。一応定格の12Vでは電流が1.5Aで消費電力は18Wになった。14Vくらいまでは明るさが増していき、消費電力は30W程度まで上がった。

e9452b08.jpg




温度センサーを水枕とライトヘッドの間に挟み込んで温度を計った。

点灯テスト開始前に20℃→13Vの電圧で30分後に37℃になった。

冷却性能は申し分ない(少なくとも冬期は)。

それより電源ユニットの発熱が思ったより多いので、風通しのよい場所に設置する必要がある。



今回のテストで特に問題はなかったので、いよいよ実車に搭載する作業に入る。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[07/16 雷紳士]
[07/11 雷紳士]
[07/09 雷紳士]
[07/08 雷紳士]
[06/30 雷紳士]
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析