忍者ブログ
Aprilia RS50のブログです。 今のところ電装系(HID&LED)の改造記録です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HIDをハイビーム側に移動した。

使っているのは無加工のD2Sバーナー。
バイク側のライト台座を加工したので、元の純正ランプには戻せない。
加工は台座中央の穴をバーナー基部がはまるように広げるだけ。
いいかげんな加工だが光軸のズレは2mm程度に収まっている。

9eca89a5jpeg



装着したところ。
電源コネクターがライトユニットのゴム蓋をかぶせる部分の下側と干渉するので、ニッパー等で少し切り取る必要がある。

02628879jpeg


a6413a08jpeg
PR
車のハイビームをHIDにした。

D4SバーナーをHB3に装着できるように加工。

6e32efddjpeg




横から

f24a166djpeg




少し傾いているガラス管がポイント。

HB3規格の取り付け穴に収めようとすると、セラミック捧が邪魔をして発光点が上方にずれるので、バーナーをHB3台座に対して傾けて固定し発光点を合わせてある。

この傾き角度に合わせてバーナーの台座上部はノコギリで切り落とした。

f2259485jpeg




点灯した様子。

左はロービームで、右が今回取り付けたHIDハイビーム。

91271365jpeg


こうして見ると同じ様に見えるが、HIDハイビームの光量はものすごい。

ロービームをHID化したときは思ったより明るくならなくてがっかりしたが、今回は大満足。



ハイビームが明るい方が何かと便利そうなので、RS50のHIDをハイビーム側に移す予定。
車用HIDの片側が手に入ったので、調子の悪いサンテカのHIDと付け替えた。

7c79c1a2jpeg



日産純正品らしい。

やはり、後付用と違い細かい加工がいくつか必要。

バラスト等は適当にカウルの奥に詰め込む。

06fe1ad9jpeg



点灯!まぶしい。

かなり明るくなったが、光の漏れがあちこちある。

バラストの発光点がリフレクターの設計発光点から多少ずれてるからかも。

35Wなので電力不足を心配しつつ1週間ほど様子見。





〈追記〉

やはり電力がつらいので、HIDを点灯するのは高速走行時のみ。

ハロゲンランプは供給電圧によって明るさが変化することで消費電力の調整になっているが、HIDは安定放電を持続するため常に一定の電力を消費するので、アイドリング中はバッテリーの電力を使ってしまう。

信号待ちで点けたままにしていると不規則に点滅しはじめる。






忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[07/16 雷紳士]
[07/11 雷紳士]
[07/09 雷紳士]
[07/08 雷紳士]
[06/30 雷紳士]
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析